穏やかに新年を迎えました。

風の音もしないし雪も降らない、静かなお正月。

いつもながらわたしは出さないのですが、年賀状もたくさんいただきました。ありがとうございます。

でも「めでたさも中ぐらいなりおらが春」というほどのめでたさも感じられないのです。

かかえているものが不気味すぎることもあるのですが、身近に猫がいるから。

 

新参猫のハリーが顔を合わせるたびにうなっていたのは数日前まで。

鳴き声もバリエーション豊かですが、困るのは、おなかがすくと足元にまとわりつくこと。

足を踏み下ろしたところにしっぽがあり、猫の足先があって、ぎょっとしてつま先をあげたのも10数回。

そのまま足をおろせば折れてしまうけど、力のやりばがなく必死に踏みとどまっているのに、その足先に爪をかけ、かじり、身をよじり……。

 

しかも急な階段で。

えーい、うるさい。

ついけとばしてしまいましたが、猫は急な階段から蹴飛ばされるくらい平気で、すぐ駆けあがってくるのです。

自衛策としてはできるだけ早く、猫のエサをだしてやることくらいしかない。

 

受話器を外しっぱなしにする。

中身の入っているフライパンの柄にとびついてひっくり返す。

テーブルの上に飛び上るのもあっというまだし、斜めに立てかけてある椅子の上を歩くのも平気。

しかも座面で爪を研ぐのが好き。

 

いやはや、室内でどんどん大きくなるこんな活発な猫って、それは捨てたくなるだろうな。

昨日は夜中に暖房用として置いてあげる湯たんぽのうえに、ネズミの腸が生々しくこびりついていました。

春まで待てないので、とりあえず日に数度は外に抱いて出ることにしました。

この鋭い爪で外の木にのぼってみたら?

 

残念ながらいまは雪が深くて、一番近くの木までさえ連れていけないけど、数分でもとにかく外へ。

年末から猫に振り回され、1日でもはやく雪が消える日をまちこがれています。

 

年末年始にかけて、各地から通信やお便りが届きました。

しかも内容がそれぞれ豊富。

あけたら読まずには捨てられない。

1日に3通ときめてあけているのですが、残りはあと少し。

 

来週はカンパを各地に送る予定。吹雪かずに野辺地へ行ける日に。

ジャムとルバーブの売り上げをカンパにあてることにしました。

冬の間は無理だけど、3月はじめに沖縄へ行きます。

辺野古へ。

 

再処理工場は最盛期に次ぐ安全工事のラッシュ。

いまここで出来るのは、とにかく住み続けることだろうなと思うのです。

今年も薪にする落葉松を植えよう。

 

 

| - | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

瞬間最大風速26メートル

この冬は初雪からいきなり根雪になり、タイヤを替えるタイミングも遅れて、アイスバーンかシャーベット路を緊張しながら走っていました。

ところが昨日は最低気温がプラス2℃、最高気温は8℃という予報。

特に出かける必要はなかったのですが、舗装路を走ることができる。

行こう!とルンルン気分で家を出ました。

 

目指すは青森市民図書館のリユースセンター。

読んだ本を寄付して、まだ読んでいない本を20円〜100円で買ってくる。

ついでにブックオフものぞいてみよう。

4号線は渋滞していたけどアイスバーンもシャーベット路もなく、快調に走って図書館に着きました。

 

ところが10時半から開いていると思っていたリユースセンターは、土曜日は午後1時開始だったのです。

うーん、あと2時間半かあ。

どっと疲れたような気もする。

諦めてブックオフで安い本を買い、浅めし食堂でお昼を食べて帰ったのでした。

 

新参猫のハリーはおなかがすくとしつこく足にまとわりついています。満腹の時には寝ているのですが、夜はじっと引きこもるだけ。
夜に活動しない、外に出たがらない猫ははじめてです。
先日は子ネズミも二匹、捕まえました。
しつこくいたぶって殺してしまったのですが、​子ネズミということは母ネズミもいるはず。
この先の展開を考えるとやっぱり猫がいてよかったのかなという気もする。いまのところ、ネズミより猫の被害の方が大きいけど。

デーリー東北12月23日一面より抜粋

<日本原燃>ウラン濃縮工場の出火 部品の劣化が原因 28年交換せず
 日本原燃は8日、ウラン濃縮工場(青森県六ケ所村)の補助建屋で7月に発生したディーゼル発電機の制御盤の出火は、部品を製造から28年間交換せず、経年劣化で通電状態が続き、過熱したのが原因だったと明らかにした。近く原燃が再発防止策を取りまとめ、村や県に報告する。

原燃のずさんぶりは相変わらずです。
いや、これは、メディアが報道するようになったということなのか。
原子力全盛時代の終焉への序曲だと思いたいけれど。

​昨日から大暴風雪。

午前4時半「強風のお知らせ」が放送されました。まだ眠っているのになあ。

ねぼけた耳に「最大瞬間風速26メートル」という声がとびこんできました。

あ、漁師さんには必要な情報かもしれない。

 

窓のすぐ外の椿の葉さえみみえない猛吹雪。

車道から玄関先のポストへ、新聞屋さんと郵便屋さんの歩く道を作ることだけが仕事の冬ごもりが続いています。






 

| - | 10:41 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

雷、稲妻、雪……

雪かと思えば雨になり、雷が鳴り稲妻が光り、陽がふりそそいで白銀の世界が輝く。

24時間の中でも目まぐるしくかわる天候にあきれています。

とはいっても気温は高いのだろうと思っていたら、今日は最高気温が-1℃

 

昨日、久しぶりに野辺地の青年がみえて「Nさんからです」と長芋を持ってきてくださいました。

お元気だったんだ。

長芋もうれしいけど、お礼の電話をしてお声をきいて、本当にうれしくなりました。

凍らないうちにとさっそく今朝、数人の知人に送りました。

 

なにしろ長芋は気温が5℃以下になると味が変わってしまうのですから。

まだ日中はそんなに気温がさがらないはずだったのですが、これでは外におけない。

ストーブをたいた台所で荷造りし、集荷車がくるまでそこに置くしかありませんでした。

 

荷造りをし、車道まで歩く道をつくらなければと寒さを覚悟して、雪がふぶく外に出ました。

ところが路面はかたく凍り、そのうえにうっすらと雪がつもっているだけ。

雪かきシャベルでどうにかなるレベルは過ぎて、ツルハシでも使わなければならないほどかたく凍り付いたまま。

早朝にきた新聞屋さんの車が、大きく蛇行したあとが残っていました。

 

低温で凍り付き、強風で雪が飛ばされる。

いや、でも、これほどの低温はこの時期にはまだないはず。

とは思っても現実がそうなのですから、受け入れるしかありません。

重い荷物を手で運ぶしかなかった運転手さんには、本当に申し訳なくなりました。

 

新参猫のハリーもこの家になれてきたようですが、お客さまは苦手のよう。

先日、原燃社員が来たときは凄い勢いでドアから飛び出し、裏口に走って隠れました。

それからは誰かが来たりわたしが窓をあけたりするだけでも、裏口に続く木製のドアをあけ、冷蔵庫の後ろにもぐりこんで半日ぐらいじっと隠れているようになりました。

 

でも外には出ない。

朝はわたしにもうなる。

そんな小さな体でうーっとうなったってねー。

ラップで覆いをして裏口の棚においた魚の煮物もたべてしまう。

 

ちょっと行儀が悪いんじゃない。

いったいどんな人に飼われていたの?

つくづく顔を見てしまうのですが、昨日は雪にじゃれていました。

雪かきをして身体についた雪を、台所に落としたとき。

 

雪がめずらしいって、じゃあ、今年の4月以降に生まれたのか。

そのうちにお誕生日をきめてあげよう。

春になったらお客さまがたくさんくるし、隠れてばかりもいられないんだからね。

 

12月13日デーリー東北より抜粋。

「再処理工場で無停電装置故障 ガンマ線モニター 給電一時途絶える 日本原燃は12日、使用済み核燃料再処理工場(六ヶ所村)の制御建屋で11日に、2系列ある非常用無停電電源装置の片方が故障したと発表した。接続されていたガンマ線エリアモニターへの給電が一時的に途絶え、代替の測定装置で対応した。〜同建屋は非管理区域でエリアモニターも重要設備に該当しない。〜」。

 

「ご心配をおかけして」と訪問してきた原燃社員は話していましたが、あの会社の仕事ぶりは「ご心配」ですむレベルではないのです。原燃のエリート社員であろうその方に話す気にもなれず、カレンダーを受け取ってお帰りいただきました。

もちろんそのカレンダーを使う気にもならない。

 

大雪になって2日目。

昨日は雷がなっていました。

午前中は車道までの道作りをしました。

午後は車から車道へ出る雪を片付けなくては。

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ほんとうに起きたことと「報道される事実」の差は

少し前になりますが、早朝の地震の揺れとそのあと発表された震度に違和感をおぼえたことがあります。

震度4ぐらいが実感だったのに発表されたのは「震度1」だったのですから。

そのときは変だなとしか思わなかったけれど、1112日の集会で山田清彦さんが「原燃は震度3をこえると点検しなければならないから、震度2を上限として設定している」と説明されたので納得。

 

また114日、松戸市で行われた山田國廣さんの「発表されている震災前の放射能基準値は高すぎる値。現状を超えないようにしている」というお話も、そうだったのかとこちらも納得。

「事故前の最大値」として公表されたのは青森市0.102。 今年1130日の青森市は0.026なのです。

六ヶ所村の数値もはじめは公表されていたけど、すぐに発表されなくなりました。

 

3.11前の放射能値がこんなに高いのは変だとは感じていたけど、そんな操作もされていたんだ。

こんな知識は知ったからといってうれしくもたのしくもないけど、変だという自分の感覚が正しかったことに、うれしさよりも怖さを覚えるのです。

これって大本営発表よりもっと悪質なのではないだろうか。

 

野辺地のNさんから「猫、いらない?」と電話がかかってきました。

「洋ものよ。迷い猫」。いや、でも、もう猫のいない生活になれてきたし。

「とにかく連れて行くから」キャリーに入れて連れてきたのはまだ子猫で、生後半歳前後という様子。

シャム猫に似てかわいく、水色のひとみ。健康で痩せてもいない。

 

人に抱かれるのは慣れているらしい。

なんとか断ろうとしたのですが、攻防むなしく、キャリーと猫は置いていかれたのでした。

とりあえずトイレの砂箱にいれてもすぐ飛び出してくるので、外に出してやると一目散にかけていきました。

あっ、もしかしたら逃げた?

 

ガラス戸を開けておいたのですが、帰ってくる様子はない。

うーん、Nさんになんて言い訳しようと日暮れまで悩んでいたら、いつのまにかトイレの砂箱の上にまるまって震えていました。

トイレの砂って知らないの?

明日ぐらいにはお風呂にいれてあげよう。ひっかかいないとたしかめられたら、だけど。

 

 

タイヤ交換をしました。

1660円でできるはずだったのですが、組み換え・バランス・オイル交換を併せて10086円!

ホィールバランスって普通はタイヤ交換の時にただでするはずじゃない?

交換にかかる前に確認されたのですが、これは安くないぞと気がつき、でもやめますという元気もなく、最後には笑ってあきらめました。

 

長い間乗ってきた車もそろそろ寿命。

この冬が無事に終わったら、また中古車屋さんでさがしてみよう。

 

昨年から畑に白鳥の群れが降り立つようになりました。

水の上では優雅な白鳥も、畑でエサをさがす大群は異様な感じがします。

 

とけるかと思えばまた降ってくる雪は、どうやら根雪になりそうです。

 

| - | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

白い朝

こんなに気温が高いのに雪マーク? ほんとう? と疑っていたのですが、その日は午前中からあられ・みぞれ・雨とめまぐるしく変わり、朝には白銀の世界が広がっていたのでした。

とはいっても濡れ雪で朝も暗いうちから、どんっ、どんっと屋根の雪が落ちています。

除雪するシャベルやスノーダンプは納屋の中だし、タイヤ交換もまだ。

大丈夫だよねと確認したくて、数分、新聞の予報欄をみつめました。

 

数日の間、午後は雪だけど、気温は上ってくる。

と思っていたのですが、翌日から気温はどんどん下がり、みどりの牧場はいきなり白銀の世界になっていたのでした。

食べ物はひととおりあるからいいけど、カスピ海ヨーグルトにする牛乳がほしい。

3キロ先のAコープにいけるかな。

 

迷いながら道路を見つめて数日。

いや、やっぱりよそう。

そのうちに晴れる日もあるだろうし。

ヨーグルトの代わりにチーズをという手もあるじゃない。

なんだか微妙にちがうような気もするけど。

 

 

学生たちの動員の記事で、先月末に来訪した学生たちを思い出しました。

前に来られた経済産業省の女性の連絡で、「学生たちが反対意見も聞いておきたいというので」というありがたいお願い。

学生たちだけかと思ったら、学生とその女性に加えて日本原子力財団やNUMOの男性なども一緒で、総勢10人。

高レベルガラス固化体の最終処分場がテーマ。

 

インタビューに答えているうちにだんだん違和感を覚えてきました。

なんだろう、これは。

答えながら考えているうちに、そうか、この学生たちにとって、放射能の危険性はひとごとなのだと気づきました。

東京だって六ヶ所村より汚染されているし、あなたたちは安全なわけじゃない。

 

3.11以降、六ヶ所村は放射能汚染度からみたら日本中で一番安全な場所なんですよ。

かかえている放射能はけた違いに大きいけど。

ガラス固化体どころかもっと危険な高レベル廃液だって、あなたたちのすぐ近くにあるのに。

いろいろな思いがわいてきたけれど、同行の大人たちが当然、この費用は出しているのだろうなと思うと、なんだかむなしくなります。

 

このせまい日本で原発事故が起きたら逃げる場所なんてないじゃない。

逃げたとしてもそのあと、何年も何十年もどうやって暮らしていけるのか。

わづか6年しかたたない福島の保障打ち切りで、そんなことはわかっているのに。

次の世代が決めることだとわかっているのですが、つい余計な口を出したくなってしまいます。

 

まあ、いまの六ヶ所村が日本のどこよりも安全なのは確かだけど、いつまで安全なのかという保証はない。

自分がいつまで自由に動けるのかということさえ、わからない。

なるようにしかならないのだろうな。

余生を自分のためだけに使えるのは幸せなのかもしれない。

 

北側の屋根に積もった雪の上に、欅の落ち葉が刺さっているのを見つけました。

5枚も。

柔らかい雪と北からの強い風、急激な気温低下の合作。

雪に突き刺さった落ち葉をはじめてみました。

 

 

| - | 10:35 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

冬支度を始めました。

もうすぐ雪が降る。

雪で動けなくなる前にしておかなければならないこと……ってあるなぁ、たくさん。

薪はウーファさんたちのおかげで豊富に用意できた。

野菜の貯蔵はしておくべき主要項目。

 

食用菊を蒸して干す。

カボチャは煮て冷凍。

大根、ジャガイモ、ニンジンは土と一緒に箱の中へ。

ゴボウは泥付きでふくろのなかへ。長ネギ・チンゲン菜は水を入れた大きなバケツへ。キャベツ、白菜はそのまま積み上げておくしかないな。

 

野菜やお米を食べきれないほどいただいていた六戸のNさんにはこの頃お会いしていない

体をこわしたのだろうかと心配になるのですが、電話をして体調を伺うのもためらわれ……。

う少し経ってからにしよう。 

11月はじめ、また上京してきました。

 

たねから育て今は息子の庭を占領しているビワの木の剪定が主目的。

チェーンソーをそのために送ったのですが、何度やっても数回でチェーンが外れてしまい、結局ナタと鋸の作業に。

はじめはたどたどしかった息子のナタの使い方もうまくなったころ、狭い庭の空も明るくなりました。 

114日、馬橋で開かれた 第9回快医学ネットワーク福島・東葛活動報告会&第4回ふくしまと全国の集い「福島第一原発事故、隠された真実と原因そして終わらない被ばくと汚染」に参加しました。

 

飯館村の村議にトップ当選した佐藤八郎さんのお話30分。

「飯館村が避難解除される。除染はしたが、村全体の15%だけ。残りはいまも0.230.680.431を超える場所が10か所ぐらい出る。つねに加害者が決める。ずっとこういうことを聞いていると、戻らないやつが国賊という思いに駆られる」。

続いて3.11以後、福島原発事故に取り組み、『初期被ばくの衝撃―その被害と全貌―』出版記念報告会 山田國廣さんのお話。

 

「非常にわかりにくい本なんです」とご本人がおっしゃるとおり、ざっと読んでもよくわからず、はじめて聞く言葉も並んでいる。「あなたは、いつ・どこで・どれだけ被爆したか。ネグレクトされた膨大な公表データから原発事故による汚染・被爆の真相を復活、環境学の視点より、事故の原因と責任、被害の全容を解明する。いまなお続く広域放射能汚染の実態を明らかにした使用劇の報告。3.11原発事故<消された被害>を追う」

 

息子にどう説明できるだろう。

聞いてはくれないだろうなと思いながらも、10冊を注文したのが今日、届きました。

風媒社 2000+税。

明日の集会で1400円で売ってみよう。

 

いわき市、二本松市などにいま住んでいる方々の報告。

「福島のいまの声から見える全体主義」

「被爆労働化した農業」

「見聞きした発症と死」福島県中通り 

 

帰ってきた六ヶ所村はまだ平和。

ストーブをたくとハエが一匹、天井からポトリと落ちてきました。

死んでいるのかなとみていたら起き上って動き出す。

ふーん、天井で冬越ししようとしていたんだ。

 

防雪柵を立ち上げる工事もはじまりましたが気温はまだ高く、牧場も緑。

11月って霜月っていうんじゃなかった?

いつまでも冬の気分にならない変な天気です。

 

| - | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

原燃さん、しっかりしてよとわたしは言いたい。

ヨシオが死んだ翌朝、3時ごろ目が覚めて階下におり台所に行きました。電気もつけずに歩いていたら薪箱につまづいてまえのめりに倒れ、流しに両肘をぶつけ、右目のふちもぶつけてしまった(らしい)。

あまりの痛さに数分間動くこともできなかったのですが、その後遺症もたいへんでした。

 

どうだったのか正確にはわからないけど、左の人差し指と中指が痛い。水道の水にふれても飛び上がるほど。

鏡を見ないからすぐにはわからなかったけど右目も赤く血走り、鼻梁も赤く(数日後には黄色の地に赤く)隈取られています。

 

うわー、こんなお岩さんみたいな顔になっていたんだ。

その間、お会いした数人の女性は「なにもわかりませんよ」とこともなげに言うだけ。

そうかな。

何度、鏡をみても自分ではお岩さんにみえるけど。

 

水道の水にふれても傷みがなくなった今朝、ストーブの上でサツマイモを焼こうとナイフで切っていて、左の人差し指も切ってしまったのでした。

歳をとったということかなー。

太ももを切ったという原燃社員も老齢だったのだろうか。

 

傷はかなり深かったらしく、ばんそうこうを貼って2時間ほど農作業をしてからみると、指先と爪の間は血だらけになっていました。

水道でざっと洗い、ばんそうこうをとりかえてから野辺地に買い物へ。

焼酎が入っていた一升瓶を2本、ゴミの回収にも出せず車に積んだままだったので、たまたまみつけた酒屋さんに「引き取っていただけないでしょうか」と持っていきました。

 

ワインの棚が目についたので「ついでにお酒を」というと、「焼酎がお好きですか?」。

「いいえ、安いワインを」「安いと言っても」と出してきたのが1200円のモメサン・メルロー、フランス産、2012年。

少し贅沢だけどそのワインを買い、帰りながらおかしくなりました。

 

痣のあるこの顔と血だらけのこの指で焼酎の一升瓶を2本も持っていったら、それは胡乱な目でみられても仕方がないだろうな。数年間、牛小舎に置いてあったビンを、たまたまこの春に来た方が飲んで空けてくださったのですと言っても仕方がないし。

 

カメムシの異常発生は世代を替えて進行中。日々大きくなる幼虫も出て、しかも逃げ足が速い。

ストーブの上でカメムシが焼身自殺していたのも何度かみました。暖かさを求めて、なんだろうけど、これもはじめての現象ではあります。

知らずに同じ布団の中にいたことも何度か。

 

カメムシのきらいなミントを大量に寝室にかざった数日前からようやく姿が見えなくなりました。ミントがきらいというより寒くなりすぎたのもしれません。

外の野菜はもう終わり。

見事に紅葉していた楓やブルーベリーも葉が落ちてきました。

まだ霜は降りず牧場も緑のまま。

 

「デーリー東北1031日●むつ小川原開発月間リポート 長年の点検漏れトラブルが相次いだ使用済み核燃料再処理工場(六ヶ所村)について、原子力規制委員会は11日、日本原燃に保安規定違反があったと判断した。(抜粋)」

「同111日 再処理工場18年度上期目標 完工延期可能性に言及 原燃社長」「低レベル廃棄物受け入れ延期 埋設施設あるクレーンで不具合がみつかり新たなに時期を調整していた」「東通原発でも雨水流入か」藤野武。「東通原発で重大事故が発生した場合に服用する安定ヨウ素剤について、青森県と東通村は112日、原発の半径5キロ圏(PAZ=予防的防護措置準備区域)に住む村民で、未配布の役950人に追加配布を行う。(抜粋)田沢奈々」。

 

やれやれ。

原燃さん、しっかりしてよ。

再処理工場操業なんて問題外だけど、こんなにいい加減な仕事しかできないのでは、そもそも放射能のゴミを扱う資格もないじゃない。

 

| - | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

すみれの花が終わり、種がはじけていました。

今朝、すみれの種にはじめて気づきました。

花が咲いて種がみのる。

季節外れでもそんなあたりまえのことが続くんだと驚きました。

わたしが見た花はみっつだけなのに、実っている種はかぞえきれないほどで、はじけて種を飛ばしたあとも何個かあります。

 

ひとつだけサラダに摘んだのがなんとなく後ろめたかったのですが、気づかないうちにこんなに咲いていたんだ。

いつ咲いたんだろう。

来年の春に花が咲く力は残っているのかな。

狂い咲きともいえないほど多い種をみてなんだか心配になります。

 

注文していたヘーゼルナッツの苗が数日前に届きました。

品種の違う2本。

そうか、違う品種をまぜて植えないと実らないのか。

何年も前にいただいて植えたヘーゼルナッツが、木は大きくなったのにいっこうに実らないので、あらためて注文してみたのでした。納得。

 

衆院選、本当に腹がたちました。

投票日に同じ思いの知り合いと話す機会があり、自分と同じことをしているとうれしくなったのがせめてもの慰めです。

まさかと思っていたのに、大部分の人たちはほんとうに、今だけ、カネだけで行動している。

その事実を知って、あらためて愕然としています。

 

この春から、そして今も、個人的にかかわりのある人たちに唖然とすることが続いています。

自分のした結果がどうなってしまうのか考えないのがあたりまえ。

その始末をさせられるわたしとしてはおおいに腹がたつのですが、ふたりとももう40歳間近の働き盛り。

日本の教育には環境教育が欠けているとつくづく思いました。 

 

とどめは今月号のDAYS JAPAN。

「豊かな暮らしの向こう側 地球がプラスチックに支配される日」。

ほかにもいろいろな問題が書いてありますが、とりわけ海のプラスチック汚染の記事はショックでした。

そして自分のする行動の結果をかえりみない人たちが、こんなにもいる。

 

とどめようもなく気持ちが落ち込んでしまいます。

いや、でも、わたしと同じ投票をした人たちがこんなにいる。

これは違う意見をたたかわせるはじまりの一歩かもしれない。

空は晴れて、ソーラーパネルは朝7時から電気をつくつているし。

 

イチジクの実を今年はじめて食べてみました。

まだ甘みがたりない。

霜が降りると甘くなるんだけどな。

紫の食用菊も花がひらいてきました。

 

 

 

 

 

| - | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

すみれの花咲くころ……?

すみれの花咲くころ はじめて君と会った〜という歌があります。

その歌を聞くと思い浮かべるのは「うららかな春」、なのですが、冬に向かおうとしている数日前、咲いているすみれを見つけました。

それもふたつ。

ひとつは虫に食べられたようで半分しか残っていなかったけれど。

 

すみれの狂い咲きってはじめてみました。

朝夕はもう10℃以下。

えんじゅの木陰のその場所は朝日はあたるけれど半日だけ。

地表すれすれなのにここでも異変はおきている。

そして増えすぎた人類が、この環境に放射能という最終変化をつけ加えようとしているのです。

 

 

あ〜ぁ、もう知らないからね!

昨日、配達された「週刊金曜日」を読んでもその思いはつのるばかり。

とは言ってもこの世界を作っているのは、やはり自分たち。

ふてくされていて済むわけはないのです。

 

夜明け前、暖かい布団の中で、白鳥が鳴き交わす声がきこえました。

ああ、もうそんな季節。

あんなにとれていたズッキーニの収穫も終わり、昨日はさいごの小さなキュウリを2本、とってきました。

インゲンはまだしぶとくなり続けています。

 

カボチャは豊作すぎて、貰い手をみつけるのに苦労しました。

寒くなって味が落ちる前に茹でて冷凍できるかどうか、冷凍庫の空き容量と来客数、自分の食欲をはかりにかけている毎日です。

草だらけになった畑をながめて、来年はまじめに種をまこうとも決心(今年は種を買ったもののなぜかまく時間がとれなかった)。

あちこちで種を落として生えてきた栗の木も雪が降る前に移植しなければ。

 

大木になった木は切り倒して薪にしよう。

気持ちだけは気忙しくいろいろ計画をたてるのですが、実行できるかどうかは未知数。

これって衆議院選の候補者と同じじゃないと気がついて苦笑しました。

同じ人間同士ということでもあるけど、やっぱり政治はそんなあやふやさでは済まない。

 

立候補者の政策を見極める。

それしかないだろうな。

こんな言い方も嫌だけど、今回ばかりは 「打倒、安倍!」 です。

 

 

10月12日のデーリー東北5面に「原燃 4件の保安規定違反」と大きな見出しが載りました。

「長年の点検漏れ トラブル続発」「原子力規制委員会は11日の定例会議で、長年の点検漏れによって使用済み核燃料再処理工場とウラン濃縮工場(いずれも六ヶ所村)でトラブルが続発した問題について、日本原燃に計4件の保安規定違反があったと判断した。会議に出席した原燃の工藤健二社長は、全設備の点検を終えるまで再処理工場の新規制基準への適合性審査を中断する考えを伝えた。(藤野武)」。

 

ヨシオのいない室内は静か。

ソーラー発電は順調で、日中は曇りの日でも電気を売り続けています。

 

 

 

 

 

 

 

| - | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ヨシオが死んだ&ソーラー発電開始

ヨシオが死んだ。

大きな缶詰を一度に一個も食べてまだ足りないふうだったのですが、その前夜からまったく食べなくなっていました。

朝起きてみると、寝る前に入れておいたドライフードがそのまま残っている。

食べすぎたからだろうと思っていたのですが、わたしの顔をみてミャーン、ミャーンと甘えた声で鳴くだけ。

 

何度かふーっ、ふーっと大きな息をしています。

動く気配がしなくなって撫でてみると、ぐんにゃりしていました。

ヨシオ……、まさか。

食べられなくて痩せた体も自傷した傷跡もここ数日でもとに戻っていたのに。

 

あまりに突然のことで、まだぼう然としています。

 

帰郷してからもう27年目。

子どもたちと一緒にウサギや犬を飼った。

松戸から連れてきたウサギは数カ月で逃げてしまったけど、何年かあとに牛小屋の前にもどってきてキョトンとたっていた。またいなくなったけど。

きては去っていったたくさんの生き物たち。

 

もう猫をかう気力はないなー。

でもネズミはどうしたらいいのだろう。

 

 

ソーラー発電は昨日から開始。

 ・総発電量 2040KW

   二酸化炭素削減量に換算すると1258kg-CO2/年

 ・発電量を、石油削減効果に換算すると

   516L/年 ポリタンクで28.7本分、ドラム缶だと2.6本分

 ・二酸化炭素削減量を、同じ量の二酸化炭素を光合成する日本の森林面積に換算すると

   3523㎥ 縦59m、幅59mの森林と同じ効果 

 

説明を受けて感動したのは、数字の多少より、とらえどころのなさそうな力を数値化するその努力。

あいにく昨日はくもり。

冷蔵庫を動かす電気は太陽が提してくれたのでした。

これからは晴天の日中には余剰電気を東北電力に売ることができる。

 

はるばる山形から何度も来てくださったソーラーワールドの武内さん、本当にありがとうございます。

 

今日は晴れの予報で期待していましたが、朝から雨が降っています。

まあ、そのうちには晴れるだろうし……。

雨でも大地を守る会へのルバーブ収穫・出荷は急務。

うれしくないけど畑に出なければ。

 

| - | 07:46 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM