<< 低レベル、高レベル、低レベル、使用済み核燃料…… | main | 白い世界がはじまった……。 >>

白鳥が渡る季節になりました。

渡り鳥に気が付いたのは10月3日。

鷹架沼の上を南へ飛んでいく小さな群れがみえました。

白鳥より小さいし、白くもないから、雁かなあ。

少しずつ群れの数も増えて、早朝や日中にも鳴き交わす 白鳥の声が聞こえるようになりました。

 

いつも変わらないのどかな風景。

ですが、今年はなんだか違うのです。

ほんの少しの違い。

何が違うのか言い表せるほどではない。

 

ずっと考えていたのてのですが、昨日、eppで江原さんからののお知らせメールを読み、紹介されていた映画を見て、ようやくわかりました。

これだったんだ。

 

<「地球に住んでいる人は。。。。絶対に見た方がいいです!」後数日は無料でみれます。

 

昨今は特に科学者などの専門家でなくても、普段の生活で、激しい気候の変化で、ヤバイ感じられます。世界では温暖化、気候変動といって生易しい言葉ではなく「気候危機」とも呼ばれています。

 

つまり、仮に今世界の原発をすべて廃炉にし、森林伐採を辞めたとしても、相当に厳しく苦しい世界に突入しているということです。

 

アカデミック賞俳優で国連平和大使のレオナルド・デカプリオのドキュメンタリ〜映画の「地球が壊れる前に」無料で見れます。>

 

https://www.youtube.com/watch?v=UjKoHS3mDLE

 

公開期間:1031()12:00118()14:00

 

わかったからと言って気分がはれるわけでもないのですが、あまりに問題が大きすぎてぼう然としてしまいます。

この自然の変化はもとにもどせるかどうかすら、もうわからないのです。

元凶のわたしたちの世代はかろうじて天寿をまっとうできるかもしれない。

子ども達の世代は…、わからない。

孫たちの世代は……。

 

東通原発5キロ圏でヨウ素剤の配布がはじまりました。

ヨウ素剤の期限は3年。

少なくとも3年に1度は現実問題としてとらえることができるのです。

六ヶ所村はまだ新規制基準が決まらないまま。

 

猫のヨシオは今朝も猫用出入り口を使えないまま、立ち往生していました。

 

 

 

 

| - | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://rokkasho.hanatoherb.jp/trackback/551

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM