<< 白鳥が渡る季節になりました。 | main | パソコンが壊れたとおもったけど >>

白い世界がはじまった……。

昨日から雪が降り始めました。

降りはじめは大きな白いひとひら。

「風花」というその言葉にふさわしい、六ヶ所村ではあまりない降り方で、めずらしいなと見とれていました。

ときどき晴れて陽がさしたりしているうちにだんだん風が強くなり、強風と細かい雪が吹き付けるおなじみの吹雪に。

 

9月の台風で倒れたおとなりの桜の木を薪にするため軽トラックで運んでいた2日目。

1メートル近くもある枝が地上10メートル近くのところから折れている。

手のとどくところは娘さんたちが切っていたのですが、ぶらさがっている太い枝は危ないから下に切り落とさないと。

脚立をのばしてチェーン・ソーを木の上に運び、生木の重さとあまりの大きさに疲れ果て、1日目は脚立を立てかけたまま終わりにしたのでした。

 

朝には気力も戻っているはずと甘く考えていましたが、ナタを使ってもらちがあかない。

不安定な足場でチェーン・ソーを使っているうちに疲れてしまい、落とした大枝を切り始めると刃がはさまって動かなくなってしまって、完全に力が尽きてしまいました。

助けを呼ぼう。

 

「出て行って」宣言をして以来、気まずかった山本さんに助けてコールをしに帰りました。

その日、山本さんともうひとりの青年はお休みだったのですが、まず、山本さんがチェーン・ソーを救出し、そして軽トラックいっぱいの生木の枝を運び、午後、青年と残りの木を運んでくれたのでした。

翌日「腰が痛い」とつぶやいていた山本さんに申し訳なくなりましたが、本当に感謝。

 

積もったともいえないほどの量ですが、今朝は一面に白い世界になり、未明に除雪車の音も聞こえました。

最高気温は6℃の予報。

やっぱりなー。

降らない筈はないよね。

 

残りの大きな枝も切ってしまわなくては。

横たわる大木ってどうやって切ったらいいのだろう。

どんなに小さく切っても持ち上げられないような重さに見えるので、今度ははじめから山本さんたちに運び役をお願いしました。

陽がさしていても寒いので本音は家から一歩も出たくないけど、雪の下になる前に薪にしてしまおう。

 

山本さんは行き先が決まったようで、引っ越しの準備をはじめました。

12月初旬には引っ越す予定。

留守番役がいるうちに沖縄の高江に行って来ようと計画をたてはじめました。

体力が必要そうでためらっていたのですが、いまはできることをするしかない。

 

経産省前テント広場も寒そうです。

デーリー東北にも載っていましたが、朝日新聞(核リポート)エネルギー革命「福島が世界の先駆けに」の記事で「コミュニティパワー(ご当地電力)」という言葉にひきつけられました。

一方、「東芝がイギリスで原発を建設」というニュースも。

世界中でいま、引くことのできない闘いがおこっているのだと感じます。
 

紅く燃えていたブルーベリーももみじも葉が落ちて、すっかり冬の気配になりました。

ヨシオは猫用出入り口から入ることができるようになりました。

学習できたんだ。おめでとう。

出る方はまだです。

 

 

 

| - | 09:23 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
11日から3日間ほど、韓国平和ツアーに参加してきました。南北の境界
にある非武装地帯を訪れたり、世界の虐殺の記録や、日本軍従軍慰安婦の
人形を展示している平和図書館へ行ったり、何より、100万余のデモが夜中まで続いていたすぐそばのホテルに泊まったことは、奇遇です。東京では多くて12万。彼らの熱気を羨ましく思いました。アメリカでも、トランプが当選に決まっても、若者の抗議デモ
が続いている由。強行スケジュールで、すっかり風邪をひき、情けないことこの上なしです。ガイドの女性が反原発の活動家で、広瀬隆の講演でも
通訳をしたとのこと。23基(?)の原発が日本海側に建っているとの事。
なにおかいわんやです。
2016/11/15 8:05 PM, from 香田玲子









Trackback
url: http://rokkasho.hanatoherb.jp/trackback/552

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM