<< 白い朝 | main | 雷、稲妻、雪…… >>

ほんとうに起きたことと「報道される事実」の差は

少し前になりますが、早朝の地震の揺れとそのあと発表された震度に違和感をおぼえたことがあります。

震度4ぐらいが実感だったのに発表されたのは「震度1」だったのですから。

そのときは変だなとしか思わなかったけれど、1112日の集会で山田清彦さんが「原燃は震度3をこえると点検しなければならないから、震度2を上限として設定している」と説明されたので納得。

 

また114日、松戸市で行われた山田國廣さんの「発表されている震災前の放射能基準値は高すぎる値。現状を超えないようにしている」というお話も、そうだったのかとこちらも納得。

「事故前の最大値」として公表されたのは青森市0.102。 今年1130日の青森市は0.026なのです。

六ヶ所村の数値もはじめは公表されていたけど、すぐに発表されなくなりました。

 

3.11前の放射能値がこんなに高いのは変だとは感じていたけど、そんな操作もされていたんだ。

こんな知識は知ったからといってうれしくもたのしくもないけど、変だという自分の感覚が正しかったことに、うれしさよりも怖さを覚えるのです。

これって大本営発表よりもっと悪質なのではないだろうか。

 

野辺地のNさんから「猫、いらない?」と電話がかかってきました。

「洋ものよ。迷い猫」。いや、でも、もう猫のいない生活になれてきたし。

「とにかく連れて行くから」キャリーに入れて連れてきたのはまだ子猫で、生後半歳前後という様子。

シャム猫に似てかわいく、水色のひとみ。健康で痩せてもいない。

 

人に抱かれるのは慣れているらしい。

なんとか断ろうとしたのですが、攻防むなしく、キャリーと猫は置いていかれたのでした。

とりあえずトイレの砂箱にいれてもすぐ飛び出してくるので、外に出してやると一目散にかけていきました。

あっ、もしかしたら逃げた?

 

ガラス戸を開けておいたのですが、帰ってくる様子はない。

うーん、Nさんになんて言い訳しようと日暮れまで悩んでいたら、いつのまにかトイレの砂箱の上にまるまって震えていました。

トイレの砂って知らないの?

明日ぐらいにはお風呂にいれてあげよう。ひっかかいないとたしかめられたら、だけど。

 

 

タイヤ交換をしました。

1660円でできるはずだったのですが、組み換え・バランス・オイル交換を併せて10086円!

ホィールバランスって普通はタイヤ交換の時にただでするはずじゃない?

交換にかかる前に確認されたのですが、これは安くないぞと気がつき、でもやめますという元気もなく、最後には笑ってあきらめました。

 

長い間乗ってきた車もそろそろ寿命。

この冬が無事に終わったら、また中古車屋さんでさがしてみよう。

 

昨年から畑に白鳥の群れが降り立つようになりました。

水の上では優雅な白鳥も、畑でエサをさがす大群は異様な感じがします。

 

とけるかと思えばまた降ってくる雪は、どうやら根雪になりそうです。

 

| - | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://rokkasho.hanatoherb.jp/trackback/593

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM