<< 雷、稲妻、雪…… | main | 穏やかに新年を迎えました。 >>

瞬間最大風速26メートル

この冬は初雪からいきなり根雪になり、タイヤを替えるタイミングも遅れて、アイスバーンかシャーベット路を緊張しながら走っていました。

ところが昨日は最低気温がプラス2℃、最高気温は8℃という予報。

特に出かける必要はなかったのですが、舗装路を走ることができる。

行こう!とルンルン気分で家を出ました。

 

目指すは青森市民図書館のリユースセンター。

読んだ本を寄付して、まだ読んでいない本を20円〜100円で買ってくる。

ついでにブックオフものぞいてみよう。

4号線は渋滞していたけどアイスバーンもシャーベット路もなく、快調に走って図書館に着きました。

 

ところが10時半から開いていると思っていたリユースセンターは、土曜日は午後1時開始だったのです。

うーん、あと2時間半かあ。

どっと疲れたような気もする。

諦めてブックオフで安い本を買い、浅めし食堂でお昼を食べて帰ったのでした。

 

新参猫のハリーはおなかがすくとしつこく足にまとわりついています。満腹の時には寝ているのですが、夜はじっと引きこもるだけ。
夜に活動しない、外に出たがらない猫ははじめてです。
先日は子ネズミも二匹、捕まえました。
しつこくいたぶって殺してしまったのですが、​子ネズミということは母ネズミもいるはず。
この先の展開を考えるとやっぱり猫がいてよかったのかなという気もする。いまのところ、ネズミより猫の被害の方が大きいけど。

デーリー東北12月23日一面より抜粋

<日本原燃>ウラン濃縮工場の出火 部品の劣化が原因 28年交換せず
 日本原燃は8日、ウラン濃縮工場(青森県六ケ所村)の補助建屋で7月に発生したディーゼル発電機の制御盤の出火は、部品を製造から28年間交換せず、経年劣化で通電状態が続き、過熱したのが原因だったと明らかにした。近く原燃が再発防止策を取りまとめ、村や県に報告する。

原燃のずさんぶりは相変わらずです。
いや、これは、メディアが報道するようになったということなのか。
原子力全盛時代の終焉への序曲だと思いたいけれど。

​昨日から大暴風雪。

午前4時半「強風のお知らせ」が放送されました。まだ眠っているのになあ。

ねぼけた耳に「最大瞬間風速26メートル」という声がとびこんできました。

あ、漁師さんには必要な情報かもしれない。

 

窓のすぐ外の椿の葉さえみみえない猛吹雪。

車道から玄関先のポストへ、新聞屋さんと郵便屋さんの歩く道を作ることだけが仕事の冬ごもりが続いています。






 

| - | 10:41 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
原子力全盛時代の終盤への序曲であることを切に願います。これから生まれてくる子どもたちにせめてそんな状況を作らなければ申し訳ないですよね。
こちらも、いつもの年より寒さ厳しい日が続いている年末です。お体ご自愛下さい。
2017/12/27 1:14 PM, from 香田玲子









Trackback
url: http://rokkasho.hanatoherb.jp/trackback/595

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM