<< 家の中に小鳥が飛び込んできました。 | main | 屋根の上で雪と氷からソーラーパネルを掘り出しました。 >>

2月27日(火)参議院議員会館の、「市民と各省庁担当官の意見交換会」にご賛同を!

「三陸の海と大地を守る岩手の会」の呼びかけで227日(火)、参議院議員会館で市民と各省庁担当官の意見交換会が開催されます。

テーマは「大量の高レベル廃液をかかえ、戦争は国家破滅への道です 

    六ケ所・東海再処理工場の高レベル廃液の安定化等を求めます」

 

経過 201582日六ヶ所再処理工場に落雷があり、工場の主要建屋の計器がかなり壊れ

 対応として270の計器に避雷保安器が設置されました。本格稼働していたなら重大事故に

 なっていた可能性があります。昨年9月隣国は電磁パルス(EMP)攻撃を口にしはじめました。

 EMP爆弾は高高度(上空30km400km)における核爆発により広範囲にある電子機器の機能を

 瞬時に破壊すると言われています。<強烈な落雷が起こると類推しております。>

  六ヶ所と東海再処理工場には大量(各約200400m3)の不安定な高レベル廃液がガラス固化

 されずに貯蔵され絶えず冷却し、発生する水素を掃気しなければ、沸騰・蒸発乾固・硝酸塩爆

 発、また水素爆発へと進みます。(ドイツ政府は1976年再処理工場の重大事故のシミュレーショ

 ンを行い高レベル廃液貯槽の冷却が止まると人口の半分の3000万人の死者が出る可能性があると

 の報告を得ています。)

 このような恐ろしい事態にならないよう声を上げていかなければならないと考え、今回の

 院内集会を企画しました。

 

 昨日川田龍平参議院事務所から国へ27日の意見交換会に係る質問・意見書を

 提出していただきました。

 当日はこの文書により担当官から回答を得、その後質疑応答になります。文書は以下です。

 http://sanriku.my.coocan.jp/180227youbou.pdf

 

 提出団体は以下9団体です

  花とハーブの里(青森県六ケ所村)   

  PEACE LAND(青森県八戸市)  

  核燃から海と大地を守る隣接農漁業者の会(青森県東北町)

  大間とわたしたち・未来につながる会(北海道函館市)

  豊かな三陸の海を守る会(岩手県宮古市)

  三陸の海を放射能から守る岩手の会(岩手県盛岡市)     

  三陸・宮城の海を放射能から守る仙台の会(宮城県仙台市)

  脱原発とうかい塾 (茨城県東海村)       

  原発事故からくらしを守るネットワーク(茨城県東海村)

 

1)つきましては賛同団体を募集しますのでご検討よろしくお願いします。

 <団体名、都道府県名と市町村名>を23日(金)まで以下へお願いします。

 

長くなってすみません。

| - | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://rokkasho.hanatoherb.jp/trackback/600

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM