<< 桜が散り始めました | main | こでまりの白い花が咲き始めました。 >>

猫が蛇を殺した!

雪が降るかと思うほど寒かったこの一週間。

寒さのおかげか桜の花も今までにないほど長い間咲いていました。

3日見ぬまどころではなく、昨日もまだ桜吹雪。

チューリップ、スミレ、クリンソウ、ツツジなども次々に咲くし、木々も芽吹いて、北国はいま百花繚乱

 

薫風にうっとりしていたいのですが、お客さまは来るし、ルバーブの花芽は摘まなければならない。

野菜の種だって、まかなければ収穫できないのはわかっているけど、まず畑を準備しなければ種をまけない。

その畑はもう、草取りどころか草刈をするべきじゃないかと思うほど緑が青々と茂っているのです。

無農薬の畑で作り貯蔵しておいたジャガイモも、芽が伸びすぎて、食べるのもまくのも無理のような……。

 

ところが昨日から、夏のような暑さになりました。

日中だけだけど。

うーん、どうも、わたしの時間と季節の時間がかみ合っていないような気がする。

いや、気温差が激しすぎるからなのかなー。

 

とはいえ、ハウスにまいたオクラやツルムラサキがほぼ全部、発芽しました。

これもはじめてで、温暖化を実感しています。

猫のハリーはわたしよりも寒さに強いらしく、この頃は外にいる時間が長くなりました。

一昨日は玄関前の茂みをじっとみている姿に気づきました。

 

ねずみでもいるのかなと思っていたのですが、一時間後そこをとおりかかったら、蛇が四つ折りになっていました。

蛇ってとぐろをまくんじゃない?

でもたしかに四つ折りになってる。

おそるおそるそばにあった木切れで持ち上げてみると、目のすぐ下に穴が開いていて、死んでいるのだとわかりました。

 

ハリーが殺したのか。

蛇を殺す猫ってはじめて。

と思ったのですが、翌日、その蛇の胴体5センチほどが血まみれになって転がっていました。

蛇を食べる猫!だったのか。

 

ということは、乳母日傘の室内育ちどころか、野趣旺盛な狩人なのかも。

あの臆病さはどうしてもそぐわないけど。

でも、蛇は殺さないでほしいな。

ねずみぐらいは我慢するけどね。

食べるものはたっぷりあるんだから。

 

温暖化の影響か、昨年からカメムシが大発生しています。

繁殖場所はわたしの寝室かと思うほど、大群で飛来。

日中は外に出たがって窓にへばりついているのですが、気温が下がる夜になるとスタンドと湯たんぽの暖かさに引き寄せられるらしい。

ブーンという重低音がすると体が硬直してしまいます。

 

ガウンの襟を歩ていた一匹。朝、パジャマのズボンから出てきた一匹。スタンドのそばにおいたマグカップで泳いでいた一匹。

特にきらいでもなかったカメムシですが、この頃はもう、みるのも嫌になってきました。

もう少し気温があがったらいなくなるのかも。

花咲く春は好きですが、カメムシと同居(どころか同じ布団で寝ている!)するのはもうやめたいと思うこの頃です。

 

6月には六ヶ所村の村長選挙があります。

わたしは出ないと早々に決めたのですが、どうなるのか。

沖縄・辺野古も埋め立てが強行されようとしている。

数日前、大型風車建設の道路を作るため、畑の一部を貸してもらえないかというお二人が来ました。

 

核燃サイクルのすぐ近くに大量に設置されたソーラーパネルと大型風車。

その電気はどこで使うのだろう。

お断りしましたが、「村とも交渉中です」とも。

 

♪おかねじゃ買えないものがある〜♪という歌が昔、あったけど、それは大切なことではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

| - | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://rokkasho.hanatoherb.jp/trackback/609

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM