<< ムカゴとワインを楽しんだ秋でした。 | main | 耕した畑に白鳥が群れて >>

下北縦貫道に干し草の大きなロールが落ちていた……

高速道だけどまだ完成していないから無料で通行できる下北縦貫道路。

この数年、野辺地へ行くときはたいてそこを走つています。

先日もおなかが空いたから早く帰ってお昼にしようと急いでいたら、赤いライトが見えて思わずブレーキを踏みました。

警察の大型ワゴン車。

 

事故かなと一瞬身構えたのですが、他の車は見えない。

スピードを落として追い越したら、なんと道端に干し草の大きなロールが転がっていたのでした。

少し先にももう一つ。

これ、一個50キロぐらいありそう。

お巡りさん数人で動かせるのかなぁ。

 

気にはなったのですが止まってみているわけにもいかず、そのまま帰ってきました。

それにしてもあの干し草、大きなトラックだって落としたら気づくだろうに、1人で動かせなくて置いて行ってしまったのだろうか。

落としたトラックを見つけることができるのか。

道路交通法違反だから、落とし主は罰金を払うんだろうな。

いろいろ考えて楽しんだ(すみません)のですが、やはりお巡りさんには同情してしまいます。

 

秋の紅葉ももう終わり、季節は冬へ向かっているらしい。

八甲田連峰もときどき山頂が白くなっています。

雪が降らなければ冬ごもりも嫌いじゃないけど、この気温上昇ではまだそれは望めない。

タイヤはいつ変えようかな。

 

この夏に買った中古の車なのでスノータイヤを新調しなければならず、70才になったから高齢者講習も受けなければならない。

不本意ではあるものの何かと慌ただしいのです。

 

この冬からはスノータイヤの上にチェーンもまかなければならない法律ができるとか。

でも、まさかねー。

そんな法律ができたらスパイクタイヤの時代に逆戻りじゃない。

あるはずはないと思うけど、企業が儲けるためならどんなことでもし兼ねない時代ではある。

 

大戦前夜の雰囲気が漂うこの頃。

敗戦直後に生まれたわたしには戦争の記憶はないけど、身体にはたしかに後遺症が残っている。

かすかにその記憶が残っているらしい姉に、この次会った時に詳しく訊いて記録しておきたいと思いました。

 

六ヶ所村から『避難行動要支援者登録カード』記入要綱が送られてきました。

一般風水害、土砂災害、津波、原子力の各災害と地域ごとに一時集合場所が決められています。

豊原はただ豊原集会所だけ。

それは家のすぐ前だし、津波も土砂もここでは起きない。

 

国内でも一番安全な場所なのです。

そう、核のゴミさえなければ。

親しくなった原子力規制庁の方もそう話していました。

心から大賛成。

 

おだやかな晩秋。薪作りでもしようかな。

 

 

 

 

| - | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://rokkasho.hanatoherb.jp/trackback/633

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM