<< ぼくの前に道はない | main | ハウスにビニールを張りました。 >>

小鳥が鳴きはじめました。

朝起きてみると、台所の床に白い雪が積もっている。

えっ、もしかしたら雪?

でも二重窓の内側に雪が積もるだろうか。

半信半疑でさわってみると確かに雪なのです。

 

どこからはいったのだろうと見回してみると、煙突の出口かららしいとわかりました。

南の風じゃなかったのに、渦を巻いて吹き付けたのか。

連日の大暴風雪をあらためて思い知らされました。

踏みつけ道がすぐに消えてしまうなどということは、まだかわいい出来事だったのです。

 

そんな毎日から一変して3日前から小鳥が鳴き始めました。

タン、タン、タン。ツィーッ、ツィーッ、ツィーッ。

コォー、コォー。カアー、カァー。

南に飛んで行く白鳥の鳴き声や数種類の小鳥、カラスも。

 

外をみると雪がどんどん解け始めています。

なんと土まで見えている。

うれしくなって種まきをしようと昨日、準備をはじめました。

ところが鉢の中に土をいれようとスコップをさし、ようやく気づきました。

 

土はまだ凍っている。

なーんだ。

そういえばまだ2月だしなぁ。

早すぎると気づいたのですが、とにかくやり始めたことは終わらせたい。

 

凍った土の塊を鉢に盛り上げて二重窓の内側に入れました。

この氷が解けたら種をまいてみよう。

芽が出ると嬉しいけど。

積もった雪もだんだん堅雪になってきました。

 

真っ白な雪がしまって固くなり、どこにでも歩いて行けるのです。

立ち木を切り倒す時期でもある。

今年はどの木を切ろうかな。

何もしたくないとはいうものの、田舎の暮らしはかなりの労力を使うからこそ成り立つ。

 

この雪道でも何回か、我が家の植物を盗掘している軽トラックも来ました。

今度はナンバーを見届けなくては。

しかしその家までたどり着けたとしても、そこにあるものが盗掘されたものだと証明することはできないだろうな。

なんとかしよう。

 

ハリーも外の散歩をはじめました。

肉球が冷たくないのかと心配になりますが、寒がりのわたしよりずっと寒さに強いのは確かなようです。

野良猫たちも来始めました。

山の3月はもうすぐ。

 

まだ東風はは吹かないけど、今年は春が早く来そうです。

 

 

 

 

 

 

| - | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://rokkasho.hanatoherb.jp/trackback/641

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM