<< また冬になった…… | main | 鳥の声で目覚めた早朝 >>

2回目の雪解けが始りました

今度は本当に春が来る……はず

雪でハウスがつぶれてしまわないかと心配になったこの数日。

昨日の朝は小鳥の声が聞こえたので、今朝はガソリンスタンドでタイヤを交換してきました。

よし、準備は万全。

とりあえず7日には青森へ行けそう。

 

ところが天気予報を見ると、最低気温がまた下がり始めています。

72℃81℃90℃11日マイナス1℃

また冬に戻るなんてあり得ないとは思うものの、絶対ないとは言えない。

雪が解けて一面の緑になりかけた牧草地も、また雪に覆われてそのまま。 

どうする、ハリー?。

 

ところが青い目のハリーは実に現実的なのです。

ドライフードに飽きてくると「外に出せ!」と要求し、外でネズミを食べて帰ってきて、暖かい椅子の上で身づくろいし、眠り始める(生々しいネズミの頭と毛皮が玄関の前にあった)。

多少の雪などかまってはいないのです。

わたしは大いにかまうけど。

 

で、今日は6日。

新聞の予報では1日中晴天、のはずなのに、朝から雨が降っている。

雪が降らないだけまだいいよね。

かなり無理なプラス思考に切り替えました。

 

今年こそ大輪のひまわり畑を咲かせようと張り切って種を買いました。

その種をハウスで発芽させておこうと今朝見たのですが、種がない!

昨年は3本植えて、2本盗掘されたけど、今年は家の中まで入って種を盗んでいった?

この春気が付いた盗掘は白すみれ、原種苺、その他、その他。

もう許せない。

 

交番に届けようと決めました。

届けてもどうにかなるとは思えないけど、さいわいここは小さな集落だし、ナンバーは突き止められる。

もちろんその人はこのブログも読んでいるはず。

と書いてきて、うんざりしてしまいました。

 

戦争がなくならいはずだよなー。

でもすんなりと左の頬をさしだす気にもならない。

 

イヌフグリの青い花が咲き、福寿草の金色の花も咲き出した春うらら。

どうしてこんな泥棒にかかわらなければならないのだろう。

これからのどかになるはずの戸外と裏腹な被害届の提出。

気に入らないけど、もう終わらせたいのです。

あ〜ぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://rokkasho.hanatoherb.jp/trackback/644

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM