<< 桑の実が熟してきました。 | main | 参議院選の街頭演説を聞きに行きました。 >>

小雨と霧雨の境目はどのあたり?

真夏のように暑かった数日が過ぎてから、気温はどんどん下り坂。

今朝はなんと13℃

ハウスの中でさえ、寒いくらいです。

桑の実も熟したし露地の苺も熟れたけど、気温が低すぎるせいか甘みが足りないのです。

 

春は雨が少なくて、ルバーブの葉も茶色に枯れてしまいました。

残った茎もスが入り、半分くらいは廃棄処分に。

この寒さと雨でルバーブがもち直してくれたらうれしいけど、なんだか信用できないのです。

まさか雪が降ったりはしないだろうな。

 

第一回目のルバーブの出荷がようやく終わりました。

昨日も今日も明日も、新聞の天気予報はずっと雨か曇りマーク。

曇りマークでも小雨は降るので、畑へ出ることもできず、暖かい薪ストーブの傍でじっと空をみつめています。

お手伝いに来てくださった皆さんのおかげで雨にぬれずに収穫できました。

 

路面はいつも濡れているし、濡れていないようにみえても霧雨が降っている。

霧と雨の違いはどのあたりなのだろうとらちもなく考えてしまうのです。

イチゴは腐ってしまうし、桑の実も実っているけど、雨の中をわざわざ取りに行く元気もないし。

せめて薪にする庭の木を切り倒そうとしてみたのですが、チェーン・ソーの刃が外れて以来、そのまま。

 

もう7月なんだし、午後はハウスのビニールを外そうと決めました。

この先の気温はわからないけど、これ以上低くなることはない、はずだし。

ところが明日以降の予報では、もっと下がるらしいのです。

でもまあ、サツマイモもキュウリもここまで伸びたんだから、あとは自力で伸びてもらおう。

 

チェーン・ソーの刃も直さないとなー。

動かないと何も変わらないのは一人暮らしのいいところ。

紫陽花もこの数日、ようやく色づいてきました。

新じゃがも食べられるようになったし。

 

異常気象ではあるけれど、季節は巡っているのです。

しかし、巡るはずのない原子力政策はどうするのか。

いまは、わたし達一人ひとりの行動が問われている時なのでしょう。

 

| - | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://rokkasho.hanatoherb.jp/trackback/652

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM