<< コルチカムが咲き始めました。 | main | 新米をいただきました。 >>

栗の実が落ちる……

ボトン、ボトンと不規則な間をおいて、屋根の上に栗が落ちています。

東側にある早生の栗はもう終わり、今落ちているのは中生か晩生のはしり。

ゆでるとおいしい。

食事代わりにもなる。

 

栄養価はどれくらいだったか。

縄文時代人になれるかもと喜んでいたのですが、あの時代の平均年齢は若い。

その時代をはるかに過ぎても70代は古稀だったのですから、やはり現代は恵まれているのかもしれません。

はじめはよろこんで拾っていたのですが、この頃はうんざりしてきました。

 

木を一周すると大きなザルに一杯ぐらいはすぐ拾えるし、重い。

そのままにしておくと野ネズミが増えるだろうし。

ネズミが増えると蛇が増える……のかなぁ。

でもまあいいか。

藪の中なら蛇は目立たないし。

 

ブルーベリーの葉が色づき始めました。

例年より遅いような気がするけれど、実も熟し続けているし、熟していない実も残っている。 

紅葉が終わったら葉が散ってしまうはずだけど、いいのかなあ。

来年は収穫できるのだろうか。

 

暑くなったかと思うと急に冷えてきたり、季節の変わり目がはっきりしなくなってきました。

温暖化の影響で、四季ではなく、二季になるのではないかという方もいるようです。

うがった見方とも言えないような気がします。

7月半ば、強引にビニールをはがしたハウスの中は、いまピーマンが最盛期。

 

1本の木に100個近くの実がなりました。

こんなにピーマンが豊作だったのははじめてですが、その近くに植えたサツマイモは葉が茂っているばかりで、収穫はほぼゼロ。

今日は直径1センチ、長さ5センチのベニアズマ1本だけを収穫して食べたのでした。

根元に大きな穴があったからネズミが食べたのかもしれないけど、こんなの初めて。

 

まあ、自然栽培とも言えないわたしのずさんな栽培方法のせいもあるのかもしれないけど。

食用菊も咲き始めました。

暑いのか寒いのかわからないけど、豊かな里の秋ではあります。

 

関電の底知れない収賄疑惑。

原燃でも何年か前、自殺した方もいたし、六ケ所村の村長にも自殺した方がいました。

合理性のない日本の原発政策は、やはり大きな闇をかかえているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://rokkasho.hanatoherb.jp/trackback/662

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM