<< 奥薬研温泉に行ったのですが… | main | 芽キャベツの生命力に感動 >>

天気予報に雪のマークが

新聞で天気予報を確認するのが習慣になっています。

スピード感に欠けるし予報は当たらないほうが多いのですが、ただ何となく…。

その天気予報で今年はじめて雪のマークが出てきました。

うーん、タイヤは交換したほうがいいだろうな。

 

当たっても当たらなくても、夏タイヤで雪道を走るのは避けたい。

慎重にタイヤ交換の日を選び始めました。

今日、予約してこよう。

楽しみにしていた一人の時間はまだ訪れないまま。

 

紅葉がきれいになり、どこを走ってもため息をつくような鮮やかな季節。

ちょっと時期は遅いけど、そう、この景色が見たかったんだ。

庭の木々も鮮やかで、寝室の窓から日ごとに色づく変化を楽しんでいました。

それにしてもこの木は大きくなりすぎ。

 

来年はどの木を薪にしようかな。

などと思いめぐらながら、飛行機の爆音など気にもしないで寝たのですが、その頃、米軍の模擬弾が家のすぐ近くに落下したのでした。

重さ266キロ。

落下地点から再処理工場は役10キロ。

我が家からも6〜7キロ。

 

どのくらい深く地面に刺さったのかはわからないまま、2日後、米軍はその場所を埋め戻してしまいました。

民家や小学校、中学校のすぐ近く。

翌日の新聞で知ってあきれましたが、このニュースは翌日、公にされたのです。

その時すぐに知ったとしても、抗議するくらいのことしかできないけど。

豊かな自然と原子力施設、自衛隊や米軍基地と共存することはできないのだとつくづく思い知りました。

 

米軍との共存で自然がすでに壊されている沖縄を思いました。

でも、わたしたちは、圧倒的な力の前で、ただ嫌だという意志表示を続けるしかない。

地球の環境は、いま、壊れ始めているのに。

紅葉の中でブルーベリーを摘むというあり得ないような体験をしながら、この豊かさを子どもたちに伝えられるだろうかと考えています。

 

 

 

| - | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://rokkasho.hanatoherb.jp/trackback/665

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM