<< 芽キャベツの生命力に感動 | main |

白い世界が広がっていた・・・

昨日は雪が降っていたし、そろそろ車を車道の傍にうつしておかないと危ないな。

まだ雨になったり雪になったりという程度ですが、昨日は車を車道のそばに移動しておきました。

早朝、除雪車の音で目覚めて、よかったと安心したようなやっぱりとがっかりしたような、なんだか複雑な気分になったのでした。

白銀の世界がはじまる。

 

いつも二重窓の中で「入れてくれ〜」と啼いているいるハリーも、今日は屋内にいました。

そうか、寒かったんだ。

-5℃ってやはり元気な猫でも避けたいらしい。

寝室の窓から見える楓も、緑の葉から紅葉へ変わり、枯れはてるまで、今年はゆっくり楽しむことができました。

 

こんな年もはじめて。

10時になっても雪は解けないけれど、この後も気温の上下は激しいらしいのです。

雪を片付けるシシャベルやスノーダンプを出しておかないと。

薪の用意は万全。

あとは野菜類の取入れと、そうだ、煙突掃除。

 

家の前の渋柿も大量に実ったのですが、あまり高い枝に実っているので手をつけずにおいたら、風で少し落ち、その分だけ皮をむいて干しました。

何もしたくないと言いながらも、田舎の生活を維持するには、ある程度の肉体労働と気力が必要なのです。

いつまでできるかな。

この田舎暮らし。

 

この数日は白鳥の声も途絶えました。

 

南へ渡っていったんだ。

渡り鳥っていいかもしれないなと思い始めました。

氷の張らない海といつでも笑顔の太陽。

まあ、猫を連れて行くのは無理だろうけど。

ぼんやりと冬の生活が始まりました。

 

 

 

 

 

| - | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://rokkasho.hanatoherb.jp/trackback/667

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM