<< 沖縄に行ってきました。 | main | 雪の予報だったけど、雨が降っている…… >>

早朝に雨の音が…。

昨日は白い世界だったけど、こんなに雨音がしているのなら雪は解けてしまっただろうなと枕もとの時計を見たのは午前2時。

明るくなった7時ごろに起き出して外をみると、まだ一面の銀世界なのでした。

じゃあ雨じゃなくてみぞれが降っていたのか。

ほっとしたようながっかりしたような、複雑な気分になりました。

 

どっちにしても気温は氷点下。

薪ストーブを焚いても1時間ほどは寒いのだから同じではあるのだけど。

それにしても12月末だというのに雨が降るなんて、今までありえなかったこと。

気候の変動は急速に進んでいるようです。

 

みぞれは9時頃から雪に変わり、また白銀の世界が広がってきました。

留守にしていた間、野良猫と壮絶な争いを繰り返していたらしいハリーは、この頃ようやく落ち着いてきました。

外に出たがらないことを除けば。

そして日に3〜4度は「ご飯がほしい〜」と要求するのです。

 

あまりに頻繁な要求なので、これは変だと気がついて、この頃は量を制限するようになりました。

ドライフードはカップ半分。

缶詰は4分の1。

なにしろガタイは息子たちの飼い猫の2倍ぐらいはあるし、日がなストーブのまわりでゴロゴロしているだけなのですから。

 

それにしてもこれから数カ月は雪に閉じ込められるのに、どうするの。

しんしんと降る雪は何もかも覆いつくしてしまいそうで、うんざりしてしまいます。

食べ物はいっぱい買ったし、キャットフードもある。

病院もあと二カ月は行かなくてもいい。

 

おまけにというか、高齢者なので、六ヶ所村からお餅も大量にいただきました。

うーん。

面白そうなので炭水化物ダイエットを一か月前に始めたばかり。

それが、沖縄に行ったときはお弁当を毎日買って食べ、帰ってからは「安い、新鮮だ」とマエダストアで握りずしを買っては食べ、と、どうもダイエットにはならないのです。

 

まさかと思いながら温泉の体重計で測ってみると、やはり体重が増えている。

お餅はおいしいけど、毎日一切れずつ食べるのはやめた方がいいだろうな。

体重に問題を抱える猫と老人の毎日は平和に過ぎていきます。

ところが再処理工場も沖縄も、平和どころではなく問題が膨れ上がっていくのです。

 

模擬弾の回収はどうした

『桜を見る会』はそのままでいいのか

四国電力でモックス燃料取り出し

高浜3、4号機停止

自衛隊中東派遣…

 

と、まあ、枚挙にいとまがないほど。

ここは六ヶ所村。

抱えている問題は大きいけれど、でも自然はまだ豊かに残っている。

子どもたちの世代にも、豊かなままで残りますようにと祈らずにはいられません。

 

 

 

 

| - | 11:48 | comments(0) | - | - | - |
Comment










01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM