<< 猫は反省できるのだろうか。 | main | 枕もとの目覚まし時計が遅れていた・・・ >>

銀世界ではあるのですが

数日、最高気温が氷点下の日が続き、台所の排水が凍って流れなくなりました。

流し台に溜めておいた水も凍っているけど、表面だけ。

北側においてある洗濯機も使えなくなって、野辺地のコインランドリーに行きました。

屋根のソーラーパネルの雪かきも毎日。

 

そんな忙しい一週間の後、雨が降りました。

今までの冬から考えるとあり得ないのですが、雪ではなく、雨が降り続くのです。

これで雪景色も終わりかなと期待したのですが、全部解けはしなくて、冬はまだ終わらないようです。

屋根から落ちる雪もまだ大量に残っているしな。

 

今年の冬は圧雪路やアイスバーンをさけて出かけるようにしています。

昨年までは考えたこともなかったけど、夏の道と変わらない。

何のためにスノータイヤをつけているのかと苦笑しますが、とにかく楽なほうがいい。

 

先日播いたパセリとレタスが芽を出しました。

これをポットに移して大きく育てるのですが、ハウスにビニールをかけてもいいかなぁ。

まだ早いだろうか。

例年と違う気候に迷い続ける毎日です。

 

ハリーは朝、わたしが起きると階段を駆け上がってきますが、足元にはまとわりつかなくなりました。

啼きながら階段を駆け下り、中ほどでたちどまり、わたしがそこに着くと階下まで駆け下りて、「早く、早く、ご飯!」となきわめいています。

やれやれ。平和だ。

 

コロナウィルスによる肺炎の広がりが気にかかります。

この春や夏に来る予定のウーファーさんたち、大丈夫かなあ。

まあ、亡くなるのは高齢者が多いみたいだから若者は心配しなくてもいいだろうけど、航空路閉鎖ということにもなりかねない。

 

今朝の新聞に、青森県と六ヶ所村が、原燃が申し入れた再処理工場冷却塔新設などを事前了解したと書いてありました。

あぁ、まだこんなことをしているのか。

コロナウィルスも日本の原発も、そして米国の小型核の実戦配備も、人類の滅亡への歩みを早めているとしか思えません。

六ヶ所村の自然はこんなに豊かなのに。

 

 

 

 

 

 

 

| - | 10:17 | comments(0) | - | - | - |
Comment










02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM