<< 桜の花が咲きました。 | main | 花吹雪の毎日です。 >>

コロナウィルスの日々

極端な気温の上下が続く毎日。

やりはじめた小屋の撤去をしようと考えていたら、畑に続く私道にいきなり大木が倒れて道をふさいでしまいました。

うーん、これは片付けなくては。

それにしても何でこんな大木が根こそぎ倒れたの?と行ってみたら、ウーファーさんに切ってもらった楓の枝だとわかりました。

 

最終日は休みにすると言いビールを飲んでのんびりしていたけど、切った枝を立てかけたままにしておいたらしい。

とにかくこの大枝を片付けないと軽トラックも動かせない。

しぶしぶ片付け始めたのですが、その日は途中であきらめ、翌日までかかりました。

まあ、最低限の英語くらいは使わない私も悪かったのだろうなと苦笑したのでした。

 

今年ははじめてプルーンの花が咲きました。

あと何かわからないのですが、果樹が2本、花を咲かせている。

何の実ができるのか、楽しみにしています。

コロナ騒動で来客は少なくなったのですが、時々は来るし、ウーファーさんもたまに来ます。

 

その間はわたしだけ。

近年にないひとりの時間を楽しんでいるのですが、作業をするのもひとりだけ。

これはほぼ初めての経験だと気づきました。

ひとりの作業ってこんなに時間がかかるんだ。

 

いまさらながらウーファーさんの有難さを噛みしめたのでした。

雪が少なかったこの冬は思いがけない形であちこち影響が出ていますが、一番驚いたのはルバーブの育ち方。

暖かかった春先に育ち始めた花芽がその後の低温で枯れてしまい、同じ株の後から出た花芽がまだ開いていない。

これって植物でさえ、気温に順応できなかったということか。

 

数日前はいきなり夏の気温になったけど、まさかもう雪は降らないだろうな。

そういえば太陽熱のシャワーは使えるはず。

この頃はろっかぽっかで温泉に入り、六旬館で山菜類を買うのが習慣になったけど、山菜はうちでももうできている。

貴重な時間を節約しなくては。

 

大きくなったハリーはこの頃あまり外に行かなくなりました。

喧嘩をしている声も聞こえないから、とりあえず自分の領分は守っているのでしょう。

わたしの今の悩みはカメムシ。

なんでこんなにと思うぐらい、たくさん出てくるのです。

 

しかも素早い。

真冬も少しいたけど、動きは鈍かったのに。

殺虫剤は使いたくないし、枕を共にするのも嫌だけど、どうしたらいいの?

諸々の花満開の春。

 

カメムシに悩まされている老人です。

 

 

 

 

| - | 16:02 | comments(0) | - | - | - |
Comment










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM