<< 梨の花が咲きました。 | main | 雨が降る…… >>

ルバーブジャムができました。

ウーファーさんと作ったジャムの1回目は焦がしてしまい、2回目は成功したけど21個だけ。

ジャム作りは刻んで砂糖を入れ、翌日煮るので2日がかり。

ルバーブを刻むのはひとりではしたくないなと怠けていたら、刻むためのお手伝いも来てくださったのです。

ただ感謝。

 

で、3回目を今朝、1人で煮て瓶に詰めました。

+58個のできあがり。わ〜いわ〜い。

でもなんだかあきてしまったのでした。

ひとりのジャム作りもはじめてだった。

 

終わって露地の苺をとってきたら雨が降ってきました。

そうか、東北北部も梅雨入りしたというニュースも流れていた。

まあ、いいか。

今日はこのままのんびりしよう。

 

この雨で草が茂るだろうなとため息が出てしまいます。

シャクヤクは2度目の花を咲かせ、けしの花も満開。

桑の実も色づき始めました。

でもまだ数粒だけ。

 

黒く熟した実に虫が数匹固まっていて、この虫を払いのけてでも食べたいという気もしないよなあとなんだかためらってしまうのです。

それにあんまりおいしいとも思えないし。

大量にとれた露地の苺と食べ比べたら、甘いだけの桑の実はなんだか物足りない。

摘むのだって時間がかかるし。

 

今は熟したものを食べるだけですが、あと数年したら、何を収穫するか、収穫したものをどう保存するか、考えなければならないのだと思いいたりました。

今年は畑のあちこちに散在する桑の木をどうするか決めなければ。

広い畑。

広い空間。

 

畑の端に出てくるクマザサと木々の芽も、ときどき刈らなければと眺めるだけ。

空間の広さは好きなのだけれど、畑として使わなければ、また木の生える山に戻ってしまうよなあ。 

まあ、それも嫌いではないけど、雑木の生えている場所はもう畑として認められない。

わが家の周りだけではなく、お隣の家の周りにも同じころに植えた木が大木になって、切ってもらえないだろうかと頼まれました。

 

薪づくりでこの秋は忙しくなりそうです。

コロナで国からも六ヶ所村からも給付金をもらえたし、野菜も育っている。

買いたいものも特にないし、行かなければならないところもない。

人はどこに行かなくても生きていけるんだとあらためて気づいたのでした。

 

猫のハリーもこの頃、家に閉じこもるようになりました。

たまにネズミを捕まえているようですが、ほとんど寝ているばかり。

青春真っ盛りのはずなのに、それでいいの?

それでも肥満していかないのはなぜだろうと不思議なのです。

 

 

 

 

| - | 15:14 | comments(0) | - | - | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM