<< キュウリがとれすぎる…… | main | 帽子の縁にセミがとまった >>

久しぶりに過ごす一人の時間

22日からピースサイクルの皆さんが泊っていきました。

1年に一度やってくるピースサイクルは25年目。

今年は無理だろうなと思っていたのですが、春から「今年も行きます」という連絡がありました。

うわ、大丈夫かな。

 

わたしより年上の人もいるのに。

でも例年より人数は少なかったものの、変わらず元気な皆さんとお会いできたのでした。

今日帰るということでしたが、コロナに感染することなく無事にご自宅にたどり着けますように。

わたしも昨夜は猫のハリーにエサをやり、そのままぐっすり眠ってしまいました。

 

キュウリはいま採れましたと新鮮なものから出していたので、残念ながら古い12本が残ってしまいました。

やっぱり毎日一人1本は食べられないよなと苦笑。

1日の収穫は数本に減ったけど、今日はとってきた方がいいのか思案中。

残したら翌日は倍の大きさになるだろうし。

 

昨日はピースサイクルの申し入れに同行しました。

六ヶ所村・日本原燃・青森県庁。

雨が降りやまないので、それぞれ屋内で対応してくださったことに感謝。

朝はライトをつけて走っていましたが、野辺地をすぎたあたりから晴れてきて、青森市に着いたころには27℃!

 

県議会議員の鹿内さんと渋谷さんが同席してくださいました。

「暑いですね」と鹿内さんに声をかけていただいたのですが、朝、家を出る時には寒かったのです。

ピースサイクルの皆さんと別れて六ヶ所村に帰る途中、久栗坂トンネルを抜けると気温が下がってきました。

晴れていた空は雲が広がっていきます。

 

まさか六ヶ所村には雨が降っている…ことはないだろうな。

心配しながら野辺地でガソリンをいれて下北縦貫道を走っていたら、雨が降ってきました。

まだ5時なのに空は暗く、家に帰ると22℃。

同じ日なのに、夏と秋を経験してしまいました。

 

もちろんその夜は湯たんぽを2個。

大量のシーツの洗濯は、うーん、明日、野辺地の「アトムくん」に行ってしておこう。

草刈りもしないとな。

でもヤブカラシがルバーブを覆っているから、それをとって袋に詰めなくては。

 

あっ、ヤブカラシを詰める大きな袋を買って来るんだった。

暖かい布団の中で起き上がる元気が出るまで、ぼんやり考えていました。

ピースサイクルとルバーブの出荷が重なって、忙しい数日が続きました。

今日はのんびりしよう。

 

紫陽花も色あせ、ムクゲの花も散り始めました。

ススキの穂も出そろい萩の花も咲いて、梅雨が明けないまま、夏はもう終わるようです。

 

 

 

 

 

 

| - | 11:10 | comments(0) | - | - | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM