<< 帽子の縁にセミがとまった | main | ああ、久しぶりのブログ更新 >>

ヤブカラシとの戦い、道半ば……

 

夏の初め、怠けていた草刈りを再開しようと山の畑に出かけました。

ところが初めて見るつる性の植物がルバーブを覆い隠し、枯れはじめている株もある。

これは何だ。引っ張ってみるとトゲだらけで四方八方に延びている。

もしかしたらヤブカラシ?

隣接の堆肥の山はそれに覆われ、花が咲き始めている。

 

こちら側だけをとっても無駄な抵抗だろうなとは思ったものの、とりあえず根っこを引き抜き始めました。

うーん、ルバーブはどのくらい持ちこたえることができるのだろう。

このヤブカラシは種を飛ばさないらしいのがとりあえず救いではある。

それ以来、畑に行くとヤブカラシが目につきます。

 

隣の農家があのヤブカラシに農薬をまいて枯らすことにしたらどうしよう。でも牛飼いであるその方は多分、全面除草なんてしないだろうけど。

で、わたしはとりあえず、自分の畑のヤブカラシをとり続けるしかないのです。

今年はとりあえずルバーブを残すことができた。

 

でも来年は?

ヨモギやギシギシも覆いつくしているヤブカラシという命名は納得できるとは思うのですが、この草取り、いつまで続けることができるのだろうと考えてしまうのです。

これ、クローバーぐらいでは太刀打ちできないだろうなぁ。

何かもっと強くてヤブカラシにも抵抗できそうなもの…、考えてみるのですが、思い浮かびません。

 

とりあえず、月見草や赤まんま、つゆ草などの雑草の花もきれいだと見とれているところです。

 

安倍晋三さんに代わって菅義偉さんが首相になりました。

これで何か変わるの?

残念ながら変わるようには見えない。

モリ・カケ・桜はそのままになるのか。

山本太郎さん、枝野さん、河野太郎さんもどうするの?

 

ようやく晴れてきた秋空を眺めながら、深いため息が出てきます。

赤とんぼが群れをなして飛ぶこの頃。

 

 

 

 

| - | 15:03 | comments(0) | - | - | - |
Comment










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM